入手困難焼酎の通販サイト

焼酎.COM 入手困難な焼酎の通販
☆森伊蔵 魔王

あの銘酒がここにはある!銘酒販売なかなか探しても手に入らない銘酒の数々を揃えました。
芋焼酎ー佐藤黒 村尾 兼八 なかむら 萬膳庵 伊佐美魔王 森伊蔵川越 麦焼酎ー百年の孤独 中々

  スポンサードリンク
TOP>>入手困難焼酎の通販サイト>>焼酎って
ここにしかない!!話題のプレミアムセット
あの銘酒がここにはある!銘酒販売なかなか探しても手に入らない
銘酒の数々を揃えました。
佐藤黒 村尾 兼八 なかむら 萬膳庵 魔王 森伊蔵 百年の孤独 中々 伊佐美 川越
   焼酎って本当に体にいいの?
本格焼酎、泡盛は酔い覚めがいいから、翌朝が楽だから、遅くまで敗むなら本格焼酎がよい
焼酎の健康性は誰が宣伝するでもなく、愛飲者の実体験を通じて、広く共通の認識として広がっています。
「焼酎は、酔い覚め爽やか。まず二目酔いしない」といわれているのを聞く
蒸留酒であるため香り成分以外は、
例えば痛風のもとになるプリン体などもビールや発泡酒の1/100、日本酒の1/40程度しか含まれていません。
しかし、二日酔いは前夜豪快に飲み過ぎたアルコールが分解しきれず、翌朝まで体内に残されたために起こるというものこの理屈によれば、酒の違いによる区別はないことになりますがそれでも本格焼酎の酔い覚めのよさを体験している人が多いのも事実です。
江戸時代のころの書物にも、本格焼酎、泡盛は一種の薬として扱われtいました。しかし、二日酔いは前夜豪快に飲み過ぎたアルコールが分解しきれず翌朝まで体内に残されたために起こるというもので、
江戸時代のころの書物から 

佐藤 黒 1800ml
小水(尿)通わざるとき焼酎あるいは泡盛を冷水に和して之を敗するときは則ち験あり。僻血赤眼(はやり目のことか)は焼酎の気烈しきもの(度の強い焼酎)および泡盛を以って之を洗う時は則ち良し。
あらたに刀創(刀傷)を披るは血とめて後焼酎を用いて温めたもので之を洗う時は則ち能く破傷風をまぬがれて、しかも意え易し。
小水(尿)通わざるとき焼酎あるいは泡盛を冷水に和して之を敗するときは則ち験あり。僻血赤眼(はやり目のことか)は焼酎の気烈しきもの(度の強い焼酎)および泡盛を以って之を洗う時は則ち良し。
あらたに刀創(刀傷)を披るは血とめて後焼酎を用いて温めたもので之を洗う時は則ち能く破傷風をまぬがれて、しかも意え易し。
 この健康的な焼酎に、最近はさらに驚くような効能のあることが次々と科学的に明らかにされ、大きな話題を呼んでいます。
 香り成分の中に、他の酒にない何らかの特別な成分が、より多く含まれているのかもしれません。
知らず知らずのうちに上手な飲み方を会得し、二日酔いになりにくいのだとも考えられます。
また、庶民的な酒である焼酎は、皆で楽しく語り合いながら飲まれるので、
健康ブームのせいか、お酒を飲む時にも少しでも体によいものを飲みたい、という人が増えている。
「酒は百薬の長」ともいうが、数ある酒のなかでも、近年、本格焼酎にはすぐれた効果があることが明らかになった。
 ストレスを軽くする  
 現代人とストレスは切れない関係にある。
仕事や人間関係だけでなく、家庭内にもストレスは存在する。しかもストレスをゼロにすることは不可能である。通則なストレスは万病のもとともいわれ、ガンをはじめ∵
 高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病の誘因として挙げれれている。血栓もまたもまた、ストレスが強く加わるとつくられやすくなるという。そのため、ストレス解消が健康維持の重要ななカギとなるのだが、適量の飲酒はストレスを軽減し、心身をリラックスさせる効果かおる。適量の飲酒を続けている人は血圧が安定し、コレステロール値も下がり血栓を防ぐ善玉コレステロールが増えることもわかっている
飲み過ぎは厳禁だが、晩酌をすればストレス解消にも血栓千防にも役立つのだ。
  飲んでも太らないって本当か?  
    アルコールのカロリーは体内に入ると優先的に消費されます。
しかし、お酒にはアルコール以外(糖分やアミノ酸)のカロリーも含まれているので、これが脂肪として蓄積されます。
本格焼酎や泡盛には、他の酒類に比ベアルコール以外のものが少なく、摂取したカロリーもすぐに消費されて太らないということなのです。
 
  焼酎は漢方薬と同様の薬効を持っている  
 
 漢方薬は、複数の動植物が原料の生薬の組み合わせに煎じて、症状の改善に用いられている。
有効成分についても研究が進められているが、まだまだ不明なものも多い。
本格焼酎は蒸留してアルコーケ分を抽出するが、この時多種類の微量成分も一倍に抽出される。
 本格焼酎もまた、漢方薬と似て、これらの成分のなかに出仕溶解酵素を増やすものがあると思われるが、そのひとつひとつの成分や働きについては、依然明らかになっていない。秘められた有効成分が多種類存在すると考えられているのだ。
 漢方の生薬には水で煎じても有効成分が抽出できないものがあり、秘められた有効成分が多種類存在すると考えられているのだ。
 漢方の生薬には水で煎じても有効成分が抽出できないものがあり、古来より、焼酎で煎じたり、焼酎に漬け込んで用いられてきたものもある。
 焼酎によって抽出勤率が高まったり、未知の成分多く引き出され効果を表すと考えられた漢方薬は、複数の動植物が原料の生薬の組み合わせに煎じて、症状の改善に用いられている。

村尾 1800ml  
 有効成分についても研究が進められているが、まだまだ不明なものも多い。本格焼酎は蒸留してアルコーケ分を抽出するが、この時多種類の微量成分も一倍に抽出される。本格焼酎もまた、漢方薬と似て、これらの成分のなかに出仕溶解酵素を増やすものがあると思われるが、そのひとつひとつの成分や働きについては、依然明らかになっていない。
 秘められた有効成分が多種類存在すると考えられているのだ。漢方の生薬には水で煎じても有効成分が抽出できないものがあり、古来より、焼酎で煎じたり、焼酎に漬け込んで用いられてきたものもある。
焼酎によって抽出勤率が高まったり、未知の成分多く引き出され効果を表すと考えられた。
 焼酎は、心筋梗塞、脳梗塞の予防につながる  
   心痛快寒や脳悦寒け、心臓や‰の血管に血栓が詰まることによって引きなこされる。
ただし、血栓は悪いばかりではない、血栓がないと傷ついた血行の修復もできず、出血を止めることもできない。
健康な人であれよ、水分な血栓を溶かす酵素を持っているので、血栓による病気を防ぐことができると言われている。
しかし年をとったり、偏った食生活やストレスの多い生活をしていると血栓を溶かす働き弱まってくる。
その結果、血栓が血管に詰まって、動脈硬化が起き、心筋梗塞や脳梗塞に見舞われる。
血栓を溶かす作用を侍つ酵素のひとつがウロキナーゼがある。
本格焼酎によこのウロキナーゼを増やす効果があり、血栓防止に役立つのである。
 
 血栓を溶かすのは本格焼酎だけ  
   心筋梗塞や脳梗塞といった血栓による病気を防ぐには、血液中の余分な血栓を溶かして血液がサラサラと流れるようにする必要かおる。
そのために有効なのが、血栓溶解酵素のウロキナーゼである。
 ほとんどの酒類にはウロキナーゼを増やす効果かおるが、なかでも乙類焼酎(本格焼酎)はその効果がダントツに高いことが実験によって証明されている(下フフフ参照)。
しかも、いもや麦、そばといった焼酎はとくにすぐれているという。
 現在、どの成分が有効なのかは研究中であるが、微量に會まれる風味や味わいに関係する、乙類焼酎特有の成分か複合的に働いていると考えられている。
 
 焼酎は血液をサラサラにしてくれる  
    最近、本格的焼酎が特に注目されているのが血栓をできにくくしてくれること、つまり焼酎が心筋梗塞やボケ予防によいということです。
血栓とは、その字が示すように、血管に趾の囚まりができて流れを塞ぐこと。
これが脳にできれば脳梗塞、心臓にできれば心筋梗塞や狭心症等を起こす怖い病気ですが、決して高齢者だけに起こるわけではありません。
最近、新聞を賑わせた海外旅行等の長時間フライトで起こるエコノミークラス症候群もその仲間です。
実は、最近の研究で、その血管の細胞から出されている血栓を溶かす酵素に、本格焼酎が深く関係することが分かってきました。
 
 ワインより本格焼酎のほうが血液サラサラの効用が高い  
    ワインブームの折り、ワインに會まれるポリフェノールは、血栓ができるのを防ぐといわれていた。
ところが、本格焼酎にはポリフェノールを上回る効果かおるのだ。
 ポリフェノールは、抗酸化作用によって動脈硬化を防いだり、血栓を予防するのに有効だが、すでにできてしまった血栓を溶かす効果はない。
一方、本格焼酎を飲むことによって増える血栓溶解酵素のウロキナーゼには、すでにできてしまった血栓を溶かす作用もめるのだ。
焼酎の特筆すべき、すぐれた効果といえよう。
 
 焼酎は免疫機能を高める働きがあるらしい  
   本末、自分の休を守る免疫機能が備わっている。
長い問ストレス乙白らされたり年をとってくると、この免反機能は徐々に低ダしてくる。
免疫機能が低下すると感染症などの重大な病気を防いだり、闘う力が弱まってしまう。
焼酎を飲んづストレスを解消することは、免疫機能が低下するのを防ぐことにつながる。
免疫技能を高めるためにも、適量の飲酒がすすめられる。
 
 日曜の夜に飲むのが最適   
    統計によると、心筋梗塞の発作は月曜日の早朝に多発している。
焼酎を日々の晩酌で楽しむのもよいが、効果的に飲むのなら、日曜日の夜がいい?。
日曜の夜は「また明日から仕事だ」
「長い一週間の始まりだ」と思ってしまう人も多いだろう。
非常にストレスが強くなっており、気分も落ち込んでいる。
こうしたストレスがあると血栓がつくられやすく、血圧も上昇する。
さらに、血管に血栓が詰まる時間帯は午前2〜3時頃が多いことも明らかになっている。
つまり、ストレスを解消し、血栓症による発作を防ぐには、日曜日の夜に手を打つ必要がある。
日曜の夜に仇討を飲んで血栓を予防し、心身ともにリラックスすることができる。
月曜早朝の魔の時間帯に発作を引き起こすリスクが少なくなるのだ。
 
 適量が大事ー2合ぐらい   
    適量の飲酒を続けている人は、まったく酒を飲まない人よりもガンや心筋梗塞、脳梗塞の発生が低いといわれている。
しかし、いくら焼酎が体によいといっても、たくさん飲めば効果が上がるというものではない。
焼酎もはかの酒類と同じく、適量を守ることが犬事だ。
一般に、適量とされるのは純アルコールに換算して30mlぐらい。
焼酎なら1〜2合までである。
酒好きの人にはもの足りない量かもしれないが、
これ以上飲むと焼酎のせっかくの効果が得られないばかりか、アルコールの処理のため、肝臓に負担をかける。
健康診断の肝機能検査で数値の異常や脂肺肝が発見されることにもなりかねない。
 
  各種酒類のアルコール含量とカロリー  
    蒸留酒はアルコール度が高いので、カロリーが高そうに思われますが表に示されるように実際は同量のアルコールを飲酒する時もっともカロリーの少ない酒ということになります。
ただし、酒を飲む場合、アルコール自体よりも一緒に食べる肴が問題なので、何を飲んでいても高カロリーのものを一緒に食べていれば太ります。
この焼酎の摂取効果は最近、ヒトのへその緒(臍帯静脈)の細胞(内皮細胞)を使った培養実験でも、確かに起こることが証明されています。
焼酎を飲めば血管の細胞でより多くの血栓溶解酵素が作られ、血管が詰まりにくくなり「血の巡り」がよくなるということなのです。
 
  どのくらい飲むと効果が?  
    個人差はありますが「血の巡り」効果を考えると、アルコール分100%(100度)の場合30m1程度ですから、
25%(25度)の場合、120m1が適量ということになります。
血栓予防のためにはこれを1週間に2〜3回飲めば十分で血管内がきれいになります。
しかし飲み過ぎると血管には適量でも肝臓等の他の臓器への負担がかかって逆にアルコールの悪い面が出てきます。
 
  その他の功罪
   精神的ストレスに対してのリラクゼーション効果が、まず第一にあげられるでしょうが、そのために、とにかくゆっくり味わいながら飲むことです。
最近の研究で本格焼酎(芋)のアロマそのものにも、血の固まりを抑える成分のあることが分かっています。
また、別の研究で焼酎に血糖値低下作用の見られることも分かってきました。
 焼酎の中の微量の発酵生産物が腎臓の細胞に働いてホルモンの分泌をよくしたり、胞のインシュリン感受性を高めたりすことが推測されています。
 
焼酎とは?   焼酎ができるまで   焼酎の種類   焼酎の雑学

Topに戻る リンクについて 相互リンク

 スポンサードリンク
Copylight (C)2014入手困難焼酎の通販サイト All Rights Reserved.