入手困難焼酎の通販サイト

焼酎.COM 入手困難な焼酎の通販
☆森伊蔵 魔王

あの銘酒がここにはある!銘酒販売なかなか探しても手に入らない銘酒の数々を揃えました。
芋焼酎ー佐藤黒 村尾 兼八 なかむら 萬膳庵 伊佐美魔王 森伊蔵川越 麦焼酎ー百年の孤独 中々

 スポンサードリンク
 
TOP>>入手困難焼酎の通販サイト>>焼酎の雑学
ここにしかない!!話題のプレミアムセット
あの銘酒がここにはある!銘酒販売なかなか探しても手に入らない
銘酒の数々を揃えました。
佐藤黒 村尾 兼八 なかむら 萬膳庵 魔王 森伊蔵 百年の孤独 中々 伊佐美 川越
 
 ■焼酎の雑学とエピソード
焼酎はリーズナブルにして、さまざまな風味や香りを楽しめるのが魅力,その日の気分や体調に合わせて飲み方も変えられる優れものでもあります。
しかし、その歴史や効能は意外と知られていないようです。
日本に伝わって500年といわれる焼酎の知られざる真実や珍しい逸話を覗いてみましょう

●昔は主婦が焼酎を作っていた?

焼討の仕込みをする職人を「杜氏」というが、
その語源は「刀自」という言葉に由来する。
刀自とは主婦や女房という意味。
なぜ、この言葉が語源になったのだろうか。
昔、自家製で焼酎を作っていた頃、その製法は嫁から嫁へと受継がれた。
男は酔っ払うとロが軽くなって、製法の秘密をしやべってしまうため、
焼酎造リには家庭の,主婦が適任だったのだ

●優良焼酎酵母と呼ばれるには?
現在、焼酎造りに用いられる優良焼酎酵母
は4つあり各地域の蔵で用いられている。
 優良焼酎削母と呼ばれるためには、土地の気候に
適しており、すぐれた繁殖力をもっていること。
そして、アルコール生成量が多いことが求められる。
ちなみに、蔵独自の酵母を使っているところもある。

●「焼酎の日」があるそうですが、
 本当ですか?
 正確「本格焼酎の目」といい、昭和62(1987)年9月、九州で本格焼酎業者の会議が開かれたとき、本格焼酎を広くアピールするために制定されました。
 毎年、焼酎の仕込みが始まるのが8〜9月。
そして、その年の縁起のよい新酒が飲めるのが11月1日前後だということから、11月1日を「本格焼酎の目」と定めました。
 また、11月1目は全国の土地神様が出雲大社に集まるため、国を留守にしていた神無月の10月があけ、土地神様が目へ帰るめでたい日でもあります。
いい月いい日とも読めるだけに、焼酎の新酒である『本格焼酎ヌーボーjを待ち望むにはふさわしい日といえそうです。
同時に、品切れだった人気商品が再び出揃う、焼酎ファンにはうれしい日でもあります。

●「本格焼酎」でイメージを変える
 甲類焼酎と乙類焼酎。ニの分類名は、いかにも乙類
が劣っているかのようなイメージを受ける。伝統の製
法で堡られ、飲みつがれてきたというプライドをもつ
生産者たちにとって、乙類という呼び名はどうにも納
得できない。そこで、マイナスのイメージを払拭し、
甲類との違いをアピールするために「本格焼酎」とい
う名前が考えられた。
 1971年より「本格焼酎」の表示が認められている。

●白黒チョカってなんですか?
黒チョカ(黒千代香)は鹿児島の代表的な酒器。
平べったい土瓶のような形をしており、水で割った焼酎やそのままの焼酎の刺をするときに使います。
湯せんや直火で温め、使ったあとは洗わないので、使い込んでいくうちに焼酎の香りが染み込み、本格焼酎のもつ独特のコクと旨味を味わえます。
チョカは沖縄で酒瓶をチューカーと呼んでいたのが、薩摩に伝わりチョカと変化したという説と、注ぎ□が猪の牙に似ていることから、猪牙=チョカという2説があるようです。
そのほか、熊本県には「ガラ]と呼ばれる直火にかけて使える酒器、宮崎県やハ丈島には鳩の形に似せて作った鳩徳利というのもあります。
また、刺した焼酎を飲む器はチョク。猪口の一一種で、猪の口に似ていることが語源とされています。独楽のような円錐形をしているため、注がれたら飲むしかないという「ソラキュウ(またはソラギュウ)]というユニークなぐい飲みもあります。

●アリストテレスが発見した蒸留技術
アリストテレスといえば古代ギリシアの哲学者として知られるが、彼なくしては蒸留酒を語ることはできない。
なぜなら、アリストテレスこそが、最初に蒸留の原理を発見したからだ。
蒸留技術は金銀の錬金術へと発展していった。
本格的に蒸留酒が登場するのは13世紀のフランスでのことだが、そのおおもとはアリストテレスだったのである。

●焼酎の文字が残る日本最古の文献は
 大工の落書き鹿児島県大□市にある郡山ハ幡神社の修繕工事の際、手のひら大の本庁が見つかり、こう書かれていました。
 『永禄二歳八月十一日 作次郎鶴田助大典時座主ハ大キナこすでをちやりて一度も焼酎ヲ 不被下候何共めいわくな事故』曰く、「雇い主はめっぽうケチで、一度も焼酎を飲ませてくれなかった。てやんでえ〜]といったところでしょうか。
早い話が愚痴ですが、永禄二年は室町時代後期にあたる1559年。
このときすでに焼酎は飲まれていたということになります。
 また、フランシスコ・ザビエルの依頼を受けて、天文15(1546)年、薩摩半島南端の揖宿郡山川地方に半年間滞在したポルトガル船の船長、ジョルジエ・アルバレスが書いた『日本報告』の中には、 「米からつくるオラーカ(orraqua)]が飲まれていた]という一節が汀orraqua]とは、アラビア語の「araq(蒸散)]のことで、蒸留酒を意味します。つまり、
米から造った蒸留酒、すなわち、米焼酎が広く飲まれていたと推測できます。

●地形を生かして行われる鍾乳洞での貯蔵
常夏の沖縄では、涼しい鍾乳洞を貯蔵している蔵が多い。
ひんやりとして、温度と湿度ガ低値安定しているため、うってつけの貯蔵場所なのだ。
また、福岡県黒木町には9つの蔵が共同で、旧国鉄のトンネルを麦焼酎の貯蔵場所にしている。
自然の地形や古いものをうまく利用して焼酎造りが‥行われているのだ。

●「新酒」、「原酒」、「古酒」の違いは?
「新酒」とはその年にできた焼酎のことですが、「新酒]だけでは香りはよくても、口当りが粗く、不熟成さを感じてしまいます。
そのため、従来は前年に什込んだ焼酎とその年に仕込んだ焼酎をブレンドして出荷していました。
しかし、近年はその年に蒸留した焼酎のみを瓶詰めして出荷する蔵も出始めています「新・新酒」あるいは「焼酎ヌーヅオー]と呼ばれることもあります。
 とはいえ、水をI滴も加えていない蒸留したての「原酒」は昧が粗いばかりか、ガス臭がします。
焼酎は貯蔵されることで、割水をした水とアルコールが馴染み、ガス臭もとんでおいしくなるのです。
ですから、どんなに「新酒」とうたう商品でも、最低1〜3ヵ月ぐらいの熟成は必要です。
 一方「古酒」は、50%以上が3年以上の貯蔵酒であるものと定められています。


●「初垂れ」は豊かな香りが楽しめる

膠を蒸留して最初に出てくる焼酎原酒のことを「初垂れ」または「初垂れ」という。
初垂れはアルコール度数が最も高く、60度もある。
ただし、蒸留が進むにつれてアルコール度数は下がり、全体的に混ざるといもの場合は37〜38度程度になる。焼酎の特徴は初留液ごと使えること。
なかには、抑留だけを集めた焼酎もある。
アルコール度数は高めだが、濃縮された豊かな香りが昧わえる

●「お湯割り」はお湯が先
正しい焼酎にお湯を注いだものより、お湯に焼酎を注いだものの方が、味わいがまろやかに感じるはずだ。
焼酎にお湯を注ぐと、焼酎のアルコール分子が壊れて、
舌への剌激になってしまう。一度、飲み比べてみるとよい。
 また、人肌程度の温めのお湯で割ると、焼酎の風味がいちばん引き立つ。
お湯の温度にも気を使うと、より一層おいしくなるので、ぜひ試してみよう。

● 焼酎の歴史やルーツを教えて
 焼酎の歴史は蒸留器の歴史をひもとくことにつながります。
人類にはじめて蒸留器が登場するのは、紀元前3500年頃のメソポタミアといわれており、香油やスパイスを得ていたようです。
その後、紀元前4世紀、アリストテレスが蒸留の概念をはじめて記録に残しました。
13世紀になるとアラビアの錬金蒸留技術がヨーロッパに伝わり、お酒を蒸留するきっかけになったといわれています。
日本への伝来ルートはH世紀ごろタイ(シャム)から沖繩(琉球)に伝わったという説がもっとも有力です。これが泡盛の誕生であり、その後、薩摩に伝わったと考えられています。ただ、当時は泡盛という名前はなく、阿南酒、火酒、焼酒、南蛮酒などと呼ばれていました。
阿南酒は荒木酒ともいわれ、アラビア語でにあたるアラキが語源とされています。
ちなみに泡盛の原料は現在でもタイ米です。


●飲みやすい甲乙混和焼酎
焼酎は甲類と乙類に分類されるが、それら2つの種類の焼酎を混ぜ合わせた甲乙混和焼酎というものもある。
これは、混和比率が甲類50%以上95%未満、乙類5%以上49%未満のものを指す。
無味無臭といわれる甲類焼酎に、香りや味を印象づける目的で乙類を混和している。
「ステラ」や「かのか」など、いろいろな銘柄が出ている。
これまで、乙類焼酎の香りが気になって飲めなかった人にとって、甲乙混和の焼酎は親しみやすくなっている

●焼酎には賞味期限がない!?
食品衛生法によると酒類は、加工年月日の表示を省略してもよいことになっている。
というのも、酒類にはアルコール分が含まれているからだ。
まして焼酎は蒸留酒で糖質やたんぱく質などをほとんど含まず、アルコール度数も25度以上のものが多い。
開封して雑菌が混入しない限り、腐敗の心配はないのだ。
ただ、おいしく飲むためには、紫外線を避け、冷暗所で保管するのが基本っこれを守れば|年や2年は問題ないという。

●イタリアの蒸留酒グラッパと焼酎の共通点
グラッバとはイタリアの蒸留酒である。
ワインをつくる特に出るブドウの皮や種などの祥りかすを蒸留して造る。
昔、イタリアの貧しい農民は自分たちがつくっているにもかかわらず、ワインを口にするニとができなかった。
そこで、残りかすでグラッバをつくり、飲んでいたという。残り物からつくるという点はj清酒の酒粕からつくる粕取り焼酎と似ている。
グラッパは、もともとは高緑酒ではないが、近年、ウイスキーのように樫樽や桜の樽で熟成させた高級品も登場している。これもまた焼酎との共通点といえるだろうっ

● 焼酎の歴史やルーツを教えて
 焼酎の歴史は蒸留器の歴史をひもとくことにつながります。
人類にはじめて蒸留器が登場するのは、紀元前3500年頃のメソポタミアといわれており、香油やスパイスを得ていたようです。
その後、紀元前4世紀、アリストテレスが蒸留の概念をはじめて記録に残しました。
13世紀になるとアラビアの錬金蒸留技術がヨーロッパに伝わり、お酒を蒸留するきっかけになったといわれています。
日本への伝来ルートはH世紀ごろタイ(シャム)から沖繩(琉球)に伝わったという説がもっとも有力です。これが泡盛の誕生であり、その後、薩摩に伝わったと考えられています。ただ、当時は泡盛という名前はなく、阿南酒、火酒、焼酒、南蛮酒などと呼ばれていました。
阿南酒は荒木酒ともいわれ、アラビア語でにあたるアラキが語源とされています。
ちなみに泡盛の原料は現在でもタイ米です。

●みりんは焼酎からつくられる
みりんは、煮物や焼き物の照りや艶、甘味を出すのに欠かせない和の代表的な調味料である。
このみりんは焼酎からつくられている。
製造方法は焼酎またはアルコール)に米麹と蒸したもち米を加えて、20〜30度に保温した状態で2〜3か月間熟成させる。
これを搾ってろ過するのである。
こうしてできあがったものが本みりんとなる。

●焼酎は二日酔いになりにくい
アルコールを摂取すると、肝臓で水と炭酸ガスに分解されて排泄される。
この時、代謝物として「アセトアルデヒド」がつくられる。
アセトアルデヒドによって、頭痛や吐き気といった二目酔いの症状が出るのだ。
一般に、日本酒やワインなどの醸造酒には揮発しない成分が多く、これがアセトアルデヒドとの相乗効果で悪酔いを貼長させるといわれる。
焼酎は蒸留酒なので不揮発成分が少なく、アルコールの処理能力が低下しないことから酔い覚めがよいという。
また、二日酔いを起こさせるものにはメチルアルコールやフーゼル油もあるが、焼酎はニれらの成分も目本酒やワインに比べてかなり少ない。
こうした点から、焼酎は二日酔いになりにくいといわれているが、実はまだ決定的な証拠はない。
要は飲み過ぎないことだ。

●焼酎は夏の季語
お湯割りで飲むことが多いせいか、焼酎は寒い冬のイメージがある。
ところが、俳句の世界では焼酎は夏の季語だ。
夏は冷たいビールだろうと思う人もいるだろうが、実はそうではない。
昔から、暑い時には冷たい水を飲むより、熱いお茶を飲んだほうが渇きが癒えるといわれていたが、これと同じで、暑い夏にお湯割りの焼酎を飲むことで暑気払いをするのである。
確かに、焼酎の本場である九州南部や沖縄では、夏でもお湯割の焼酎を飲んでいる。そのほうが

●西郷隆盛焼酎かほとんど飲めなかった

明治政府が誕生したころ、焼酎造りに欠かせない麹の製造販売が免許許可制になり、かってに麹が作れなくなった。
困っ焼酎の製造元は、西郷隆盛に泣きついた。
話を聞いた西郷は免許制をやめるよう、役人に手紙を書く。
受け取った役人は石西郷の頼みを断れず、麹の専売制度は撤廃されたという
 西郷隆盛は大酒豪だと思われがちだが、実は、あの体格や風説に似合わず、酒はほとんど飲めなかったらしい.

●初の焼酎はいも焼酎?日本で最米焼酎?
鹿児島県大口市のハ幡神社の解体修理の際に、柱の落書きが発見された。
書かれたのは永禄元(1558)年の8月。
内容は、施工生かひどくケチな人で、大工らに一度も焼酎の振る舞いをしてくれなかったというものだ。
 やはり焼酎を日本で最初に造ったのは薩摩で、いも焼酎ということになる。
ところが、この時さつまいもはまだ栽培が始まっていない。
さらに大口市は熊本県との県境にあり、当時は相良氏の勢力下にあったとされる。
そのため、落書きにあった焼酎は、米焼酎だと考えるのが正解のようである。

●本格焼酎は腐りませんか?
 本格焼酎は蒸留酒ですから、成分のほとんどはアルコールです。
醸造酒(日本酒、ビール、ワインなど)のように糖分、アミノ酸などのエキス分を含んでいませんから、腐ることはまずありません。
 ただし、高温の場所に長時間置いてしまうと、品質には変化が生じることに。
また、低温過ぎる場合も視覚的な劣化がまず起こります。
原料に含まれる脂肪分に由来する「焼酎油」と呼ばれる成分が白い沈殿物となって現れるのです。
 この白い沈殿物の主成分は悪玉コレステロールを少なくしてくれるリノール酸ですが、空気に触れると酸化して、焼酎の香りを悪くすることになります。
ボトルをあける前にボトルごと温めて溶かしたり、すくう、濾過するなどの方法で取り除きます。
とはいえ、取り過ぎると今度は昧が落ちます。また、メーカーの中に「焼酎油」の効果を考え、最初からうっすらくもっている商品を出しているところもあります。
 いずれにしろ、焼酎の保管は直射目先が当たらず、高温にも低温にもなり過ぎないところがベストです。

●黒穂焼酎を毎日飲めば、長生きできる?
黒糖焼酎焼酎は奄美の人々にとって欠かすことのできない酒である。
燗にしたり、お湯で割って楽しみながらテビチビと飲むこともあるっゆっくりと、適量くを飲むことで|日の疲れを癒すのである。
適量の酒は、コレステロールや血圧低下にも役立つ。
120歳まで生きた泉重干代さんは、毎晩|合飲む黒糖焼酎を何よりの楽しみにしていたそうだ。
ご長寿にあやかって、黒糖焼酎を飲む人も増えているというが、もちろんがぶ飲みなどせず、ゆっくりと味わうことを忘れずに。
 
焼酎とは?   焼酎ができるまで   焼酎の種類   焼酎の雑学

Topに戻る リンクについて 相互リンク
 スポンサードリンク

Copylight (C)2014入手困難焼酎の通販サイト All Rights Reserved.